1. Home
  2. 会社案内
  3. 沿革

沿革

昭和36年 12月 ヨシモトポール株式会社の設立
・藤岡工場(現:群馬工場)を建設
・操業開始
昭和38年 10月 滋賀工場を建設・操業開始(旧 神埼郡五個荘町)
コンクリートポール月産2000本
昭和42年 9月 信越化学工業株式会社との提携により「PSポール」の製造販売開始
昭和43年 2月 藤岡工場(現:群馬工場) 日本電信電話公社の指定工場となる
昭和44年 6月 「FRP製飼料タンク」の製造販売開始
昭和46年   滋賀工場 FRP資料タンクの製造を開始
11月 PSカラーポール 英国プラスチックコーティング社との提携によるプラコート製法を導入
昭和48年 3月 資本金1億円に増資
  滋賀工場 コンクリートポール年4万本を生産
昭和49年 11月 資本金2億円に増資
昭和50年 2月 畜産環境部(現:ヨシモトアグリ株式会社) 特定建設業登録
  滋賀工場 Zポールの製造開始
昭和52年 8月 新群運輸株式会社(現:シングン物流株式会社)を設立
昭和53年 12月 藤岡工場(現:群馬工場) 日本電信電話公社関東通信局の共架柱納入指定工場となる
昭和54年 11月 藤岡工場(現:群馬工場) 日本工業規格JIS表示許可(許可番号379155)を取得
昭和55年   滋賀工場 クリーンマットの製造を開始
昭和56年 4月 藤岡工場(現:群馬工場) コーティング技術センターを設立
昭和57年 4月 ユニークなヒット商品「トンタスカル」の製造販売開始
6月 資本金3億円に増資
  滋賀工場 防霜柱の製造開始
昭和59年 5月 創拓工業株式会社を設立
8月 株式会社ジェムを設立(現:株式会社ワイピーテック)
昭和60年 5月 東京電力株式会社へ配電用鋼管柱を納入開始
昭和61年 5月 ヨシモト化成株式会社を設立(現:ヨシモトエンジニアリング株式会社)
昭和63年 4月 電設工業展にて「ヨシモト集合ポール」「ステンコート塗装」を発表
「ステンコート(独自塗料)」の開発
10月 「ヨシモト集合ポール」グッドデザイン部門別大賞を受賞(公共空間部門)
平成元年 4月 「美しいくにづくりに良い品を」を経営理念として、景観・環境事業へ参入
平成2年 10月 「北九州市門司港レトロ事業」に照明柱を納入
「レトロポール」グッドデザイン景観賞を受賞
平成3年 4月 日本道路公団に照明柱を納入開始
平成4年 2月 滋賀工場移転 (現・東近江市永源寺高野町) 竣工式開催
平成5年 3月 首都高速道路公団に照明柱を納入開始
6月 アーク牧場にシステム豚舎を一式受注
12月 藤岡工場(現:群馬工場) 塗装設備「ポールコート336ライン」が稼働開始
平成6年 6月 「デザインコンクリート製品(ボラード他)」の製造販売開始
アメリカのファーマーボーイ社と提携、F10システムの販売開始
平成7年   滋賀工場 鋼管柱加工に加えて大型標識柱(F型)の製造開始
平成8年 10月 「デザインコンクリートシステムポール」グッドデザイン景観賞を受賞
(公共空間用設備・機器部門)
  滋賀工場 鋼管製品の部材から一貫した生産体制の確立
平成9年 4月 ワイケースチール株式会社を設立
平成10年   滋賀工場 敷地の拡張・整備工事
12月 藤岡工場(現:群馬工場) ISO9001認証を取得 門型試験塔の完成
平成11年   滋賀工場 塗装ラインが稼働開始
8月 畜産環境事業部(現:ヨシモトアグリ株式会社) ISO9001認証を取得
12月 日本道路公団にETCガントリーを納入開始
平成12年 10月 首都高速道路公団に新型照明柱(疲労破壊対策型のテーパー柱)を納入開始
平成14年 4月 「エコ照明柱」の製造発売開始
7月 株式会社ワイピープラニングを設立
平成15年 10月 「エコ照明柱」が群馬県中川威雄技術奨励賞を受賞
  滋賀工場 鋼材加工・めっき・塗装の総合対応力の充実
平成16年 2月 「エコ照明柱」がグッドデザインぐんま優秀賞を受賞
  滋賀工場 愛知万博・中部国際空港向け照明柱・カメラ柱を生産・納入
平成17年 11月 群馬工場 環境ISO14001認証を取得
平成18年 7月 埼玉工場が操業開始
  群馬工場 技術開発センターを開設(旧:コーティング技術センター)
  滋賀工場 大型バンドソーを導入
平成19年 1月 ポール営業本部 ISO9001認証を取得
4月 組立鋼管柱「ジョイマスト」を製造販売開始
平成20年 10月 ワイケースチール第二工場を建設・操業開始
  滋賀工場 「西の生産拠点」PR作戦の一環で会議室を新設
平成22年   地上デジタル放送完全移行に伴いZポールを大量納入
  滋賀工場のZポール生産量が例年の3倍に 63000本の出荷
平成23年 10月 滋賀工場 第2工場を建設・操業開始
平成24年 8月 新型照明ポール「ニューフェイシア」を販売開始
平成25年 7月 ヨシモトエンジニアリング株式会社一級建築士事務所を開設
10月 滋賀工場 敷地を1.8倍に拡張(23500㎡)
12月 気仙沼事務所を開設
平成26年 7月 株式会社ワイピーデザイン、株式会社ワイピーファームが事業開始
10月 ヨシモトアグリ株式会社が事業開始
「避難誘導システム」グッドデザイン賞を受賞
照明用鋼製テーパーポール(耐疲労型開口部)国土交通省 NETIS(新技術情報システム)登録
平成27年 6月 代表取締役会長に由井克巳、代表取締役社長に石原晴久 就任

昭和36年12月
ヨシモトポール株式会社の設立・藤岡工場(現:群馬工場)を建設・操業開始

ヨシモトポール株式会社は、昭和36年12月に設立しました。農村の近代化にともなって、有線放送用の小型コンクリートポールの製造・販売から開始しました。当時の農村には電化製品はほとんど無く、電話も普及していなかったので、村落を単位とした有線放送の実用化が試みられていました。実用化にあたり、当初は木製の柱が主に使用されていましたが、より強度のあるコンクリートポールへと需要が推移していた時代に先駆けてのスタートでした。


創業期の藤岡工場の正面

昭和42年9月
信越化学工業株式会社との提携により「PSポール」製造販売開始


PSポール用鋼管、収縮チューブ方式

第2の成長段階として、鋼管柱の製造販売を目指しました。
表面処理による差別化を狙い、鋼管を塩ビ樹脂で被膜した「PSポール」の開発に取り組みました。
有力な化学メーカーである信越化学工業と提携し、PSポールの製造に必要な塩化ビニールに関する技術の協力を得られるようになりました。
その後、PSポールは道路照明や規制標識柱など幅広い分野で使用されました。

昭和43年2月、昭和53年12月
藤岡工場(現:群馬工場) 日本電信電話公社の指定工場となる

昭和43年2月に、念願だった日本電信電話公社の検査に合格し、信越通信局への納入が始まりました。2年後、関東通信局への納入を開始しました。
昭和53年12月には共架柱指定工場になりました。公社納入の実績によりヨシモトポールの社会的信用が高まり、製造技術と品質管理が飛躍的に向上しました。


日本電信電話公社向けポール製造用の製柱機

昭和44年6月
「FRP製飼料タンク」の製造販売開始


飼料用に開発したFRP製の最初のタンク

ポールメーカーとして、有線放送用柱から日本電信電話公社の専用柱、信号柱へと主力製品が進化していく中で、有線放送柱を納入していた農協ルートへの新しい展開を図りました。
当時、家畜用の飼料タンクには鉄製タンクが主流でしたが、断熱性・錆びない・軽量でかつ強度的に優れているFRP素材に着目し、「FRP製飼料タンク」の開発に着手しました。
わずか3ヶ月足らずで試作に成功し、第1号が納入されました。

昭和56年4月
藤岡工場(現:群馬工場) コーティング技術センターを設立

「PSポール」の本格的な事業展開を進める上で、より品質の安定した塩ビパウダーの開発は不可欠であり、自社開発を本格化させるため藤岡工場内に3階建てのコーティング技術センターを建設しました。同センターではプライマーと塩ビパウダーの開発を進め、3年後にはヨシモトポール製パウダーを作りだすことに成功しました。

昭和57年
ユニークなヒット商品「トンタスカル」の製造販売開始

養豚経営では生後3週間くらいまでの子豚の生育率を高めることが重要でした。生育率を低下させる問題に、新生豚の母豚による圧死事故と、母豚からの授乳が均等に行われないことがありました。トンタスカルは母豚が寝起きするスペースと子豚が寝起きするスペースに段差を設けることで、母豚による新生豚の圧死事故を防ぎ、授乳もしやすいようにしました。これにより子豚の生育率は飛躍的に高まりました。


ユニークなネーミングのトンタスカル

昭和63年10月
「ステンコート(独自塗料)」の開発

電設工業展で発表された「ヨシモト集合ポール」の誕生には、デザイン・色調、耐久性において、より高品質な塗装技術の開発が不可欠でした。耐久性に優れたアクリルシリコン樹脂をベースに、良質なステンレスフレークを混入したステンコート塗料は、高い耐久性と都市空間の美しさの調和にマッチしたものとなりヨシモトポール独自の塗装技術として確立されました。平成元年には群馬工場に塗装設備が完成し、量産体制が整い、ステンコートは集合ポール以外のポールにも幅広く使用されるようになりました。

昭和63年10月
「ヨシモト集合ポール」 グッドデザイン部門別大賞を受賞(公共空間部門)

「ヨシモト集合ポール」は、これまで道路に個別に設置されていた照明柱や信号柱、標識柱などのいくつもの機能を1本の柱にまとめ、ジョイントシステムにより組合せの自由度を高めた製品です。「電設工業展」「国際パブリックデザインフェアNAGOYA'88」などに出展し、都市景観の中で、解決できなかった問題(林立する様々なポール)を1本に集合したことが高く評価され、1998年度グッドデザイン部門別大賞(公共空間部門)を受賞しました。

平成2年10月
「北九州市門司港レトロ事業」に照明柱を納入
「レトロポール」グッドデザイン景観賞を受賞


美しい「レトロポール」が門司港の景観とマッチしています

北九州市門司港レトロ事業で使用される照明柱は、海岸に近いことから塩害に強い遠心成形のコンクリートポール製で、表面はアンティーク調のデザインに仕上げて欲しいとの要望がありました。
表面に溝の入ったポールを磨き上げたレトロ調のデザインポール「レトロポール」は、港の景観にみごとにマッチし、平成2年から平成6年にかけて大量に納入し、ヨシモトポールにとって2度目のグッドデザイン景観賞(公共空間部門)を受賞することになりました。

平成4年2月
「皇居周辺道路景観整備プロジェクト」にデザイン照明柱・デザイン柵を納入開始

皇居周辺には、国道、都道、区道が入り交じっており、皇居周辺道路景観整備プロジェクトは日本で初めて縦割り行政の壁を乗り越えて、国、東京都、千代田区などが協力し合ったものでした。ヨシモトポールではデザイン決定のため実物サイズの照明柱を試作し、灯具をセットした上で細部まで検討をした初めての試みでした。同年の採用を皮切りに5年間にわたり照明柱、防護柵などを納入し、ヨシモトポールにとって最大規模のプロジェクトとなりました。

平成5年
「環境にやさしい畜産のトータルプランナー」として、アーク牧場からシステム豚舎を一式受注

ヨシモトポールの畜産環境部(現:アグリ事業部)は、養豚のトータルプランナーとして設計から建築に至るまで、豚舎システムの全体を受注する活動を開始しました。トータルプランナーとして最初の仕事は岩手アーク牧場の受注でした。同工事は官公庁との元請け契約を実現し、1,000頭一貫の規模で、繁殖舎・肥育舎・糞尿処理等までを請負ったことで、ヨシモトポールの技術と信用が公的に認められました。


岩手アーク牧場のシステム豚舎

平成7年3月
「長野オリンピック」関連事業に照明柱・標識柱他の納入


長野県のオリンピック道路
(メインスタジアム前の五明西寺尾線)の照明柱

平成10年2月の冬季長野オリンピック開催に向けて、新幹線整備に伴う駅前広場整備事業、高速道路および関連道路整備事業、オリンピック施設関連道路新設事業などで受注が相次ぎました。 ヨシモトポールは新幹線の駅前整備事業(軽井沢駅・佐久平駅・上田駅・長野駅)に関わり、照明柱・標識柱などの景観製品の納入を行いました。また高速道路でも本線の道路標識をはじめ、各インターチェンジの景観照明柱および標識柱を納入し、オリンピック競技会場へのアクセス道路なども含めて、景観照明柱が約1,000本、標識柱が約1,500本、信号柱は約5,000本を納入しました。

平成8年10月
「デザインコンクリートシステムポール」グッドデザイン景観賞を受賞(公共空間用設備・機器部門)


臨海副都心の風景と近未来的なデザインのDCP

ヨシモトポールは臨海副都心整備プロジェクトを通じて、高強度のDCP(デザインコンクリートポール)をはじめ、次々と新しい技術を開発し、短尺のポールから長尺のポールまでシリーズ化を確立しました。総延長26kmにわたる同事業では、DCP1,000本強、ボラード(車止柱)5,000本強を納入しました。DCP自体の品質の高さとともに、長尺化や種々の機能へのシステム的な対応が高く評価され、3度目のグットデザイン景観賞(公共空間部門)を受賞しました。

平成11年12月
日本道路公団にETCガントリーを納入開始

道路公団では機能だけでなく、デザインという景観志向を取り入れた柱の導入が検討されていました。基本デザインは決まっていたが素材が決まっておらず、FRP、アルミ板、アルミ鋳物などの素材をひとつひとつ検討する作業が繰り返され、最終的に素材はアルミ鋳物に決定しました。ETCガントリーは全く新しい構造の製品であり、設計・生産・管理と全社をあげて生産対応が行われました。さらに、全ての組み立て現場に営業マンや群馬工場の従業員が立ち会うなど、きめ細かなサービスに努めました。これは業界でも異例のことでした。


関東自動車道習志野インターチェンジの入口に設置されたガントリー、滑らかな曲線のデザイン

平成19年4月
組立鋼管柱「ジョイマスト」を製造販売開始

差別化技術のひとつに「拡管・縮管技術」があります。同技術を利用して2本以上の柱の接合部をボルト締めで継ぐ製品は、エースマストという商品名で30年前から販売されておりユーザーに広く認知されています。技術革新により接合部のボルトをなくして、摩擦接合のみで上下柱を接合することが可能なスリップジョイント方式「ジョイマスト」を開発し、電力向けや防球ネット用柱をはじめ多くの場所で幅広く採用されています。


長野県千曲市に設置された、ジョイマストによるネット柱と投光器柱

平成21年
「富山LRT環状線化計画」に架線柱・照明柱を納入

富山市の路面電車に関するプロジェクトは、平成26年の北陸新幹線開通計画にともなう富山駅の連続立体高架事業の一環としてスタートしました。ヨシモトポールは「富山LRT環状線化計画」への架線柱などの納入に成功しました。架線柱は鋼管の構造体とアルミ鋳物のカバーの二重構造で、デザイン上からの精度要求が厳しく、ヨシモトポールの高いものづくり技術が活かされた製品でした。
富山城を背景に、ステンコート塗装のデザイン柱が太陽の光を華々しく反射しています。

平成21年
「東京駅前行幸通りの整備事業」に照明柱他を納入

行幸通りは東京駅中央口と皇居を結ぶ通りであり、首都東京の顔にふさわしい、風格のある景観を保全・形成する目的で再整備されることとなりました。ヨシモトポールは車道・歩道照明柱から柵、ベンチなど総合的なストリートファニチャー群を納入しました。特に車道照明柱は風格のある重厚なデザインで、柱本体部分が8.1m、灯具部分を加えると全長12.6mにもなり、総重量1.5t強の鋳物製の照明柱です。これまでに製造したことのないサイズの鋳物柱で、かつ、ディティールの細かさなど多くの課題がありました。新しい鋳物技術へと挑戦し、苦労しながら製作した製品でした。

平成23年
「銀座・京橋・日本橋中央通り」に照明柱を納入

中央通り照明柱は、老朽化による改修にあたって国際コンペが開催され、総作品数280点の中から新しい中央通り照明柱が決定しました。 「光の粋、場の華やぎ、新しい美意識―TOKYO COOL」をキャッチフレーズに発表された新しい照明柱は、ガラス製の柱をLEDで灯した先進的なデザインでした。この光る照明柱の設計のポイントは、柱の中のLEDとガラス板を支える十字形のフレームであり、アルミ・ガラス・灯具など各分野の企業と協力しながら、試作をつくり強度検証を重ねることで、デザインを忠実に実現させることが出来ました。「銀座・京橋・日本橋中央通り」の照明柱は、ヨシモトポール50年の技術の集大成に相応しい製品となりました。

昭和38年10月
滋賀工場操業開始

滋賀工場は昭和38年10月、近江商人発祥の地でもある旧神埼郡五個荘町(現・東近江市)に設立されました。当初の従業員は38名でコンクリートポールの生産を中心として月産2000本の生産量でした。ピーク時の従業員は約100名程になり、県外からもたくさんの社員が出勤していました。


創業期の滋賀工場

平成11年
滋賀工場 塗装ライン稼働開始

テント倉庫の中で塗装作業が行われ、当時はウレタン塗装が主力で乾燥炉もなく自然乾燥で生産を行っていました。


当時の塗装ブース

平成25年10月
滋賀工場 敷地を1.8倍に拡張

数年の間に生産能力が大きく向上し、多品種化に伴い資材や製品置き場の確保に苦慮しましたが、地域の方のご理解・ご協力があり工場に隣接していた田んぼを埋め立て山林を伐採し広々とした置き場に生まれ変わりました。


現在の滋賀工場 全景