1. Home
  2. CSR
  3. 地域に根差した社会貢献活動
  4. 地域貢献活動
  5. 群馬県藤岡市と日本橋の交流事業へ協力(平成26年)

群馬県藤岡市と日本橋の交流事業へ協力(平成26年)

平成26年12月19日に名橋「日本橋」保存会(中村胤夫会長=元三越社長)や藤岡市は、日本橋と藤岡市の交流事業の一環として昨年に引き続き日本橋三越本店前の中央通の歩道脇花壇で群馬県立藤岡北高校生徒による植栽活動を実施いたしました。

この活動にヨシモトポールも参加し、グループ会社のシングン物流のトラックで藤岡市から日本橋までパンジー1,000鉢を輸送しました。

 

CSR150107fujiokanihonbashi01.jpg
トラックからパンジーを降ろしています

CSR150107fujiokanihonbashi02.jpg
今年も高校生が頑張りました

 

また、植栽後は2014年「ゆるキャラグランプリ」で見事1位になった群馬県のマスコットキャラ「ぐんまちゃん」が登場。三越本店前を行き交う人々に生徒たちが手掛けたシンビジュームが配られた他、「ぐんまちゃん」と一緒に写真撮影する人も大勢集まり賑わいに包まれました。

セレモニーは中村会長の挨拶で始まり中央区副区長、藤岡市副市長、国土交通省や群馬県の方々も挨拶され、今後益々交流を深めていきたいとお話をされていました。

 

CSR150107fujiokanihonbashi03.jpg ぐんまちゃんと一緒に  

 

この活動は、254年前の江戸時代三井越後屋(現三越伊勢丹)から藤岡市の諏訪神社に奉納された神輿を、一昨年の神田祭りで渡御したことがきっかけで始まりました。

ヨシモトポールは地元藤岡市や群馬県の事業に積極的に参加・協力して地域社会との連携を大切にして参ります。