1. Home
  2. CSR
  3. 環境
  4. 環境への取組
  5. 群馬工場 廃水処理対策

群馬工場 廃水処理対策

廃水は適切な管理の元に処理されています。

群馬工場では廃水処理設備を備え、表面処理グループの化成処理ライン(塗装前処理設備)から出る廃水は浄化しています。

化成処理ラインからは、1日当たり約50m2の廃水が排出されます。この廃水を次の手順で処理しています。

  1. 硫酸で酸性化
  2. 消石灰で中和して、不純物を固形にします
  3. 凝集剤を添加して、固形になった不純物をさらに大きな形にして沈殿させます
  4. 残った上水は活性炭濾過塔を通して、雨水と共に河川に流します

監視体制として訓練された作業者が常時点検とPHのモニターを行っています。また排出水を隔月で10項目の化学物質について分析を行うことで、問題のない排水を行っています。

gunmahaisui1.jpg
化成処理ライン
(13mの処理層が8本並ぶ)

gunmahaisui2.jpg
廃水処理施設
階段上:処理層
沈殿槽(写真右の102のタンク)