1. Home
  2. CSR
  3. 品質
  4. 労働安全衛生
  5. メンタルヘルス対策

メンタルヘルス対策

ヨシモトポールのメンタルヘルス 【教育編】

身体の健康・心の健康の両方の保持増進と、安全に配慮された環境の中で働けることを、「社員全員」が権利として持っていますが、現代社会では避けては通れない程、メンタル面もフィジカル面も問題が山積しています。

ヨシモトポールでは、個別対応だけでは追いつかない現実を正面から受け止め、計画的に社員に理解してもらえるように教育を実施し始めました。「自分自身を守ること」・「周りに気付けること」を基本とした基礎編からスタートしています。

自分自身のことは勿論のことですが、部下を持ち、身近な相談相手となるべき存在の中間管理職の社員に、早急に正しい知識の取得と、確実な対応をしてもらうことで、未然に防ぐことや重症化を免れることが出来ます。

また、同じ立場の社員が集まることで、共通のコミュニケーションが取れ、講座そのものがメンタルヘルスケアになる効果も生まれています。

今後は、部長クラス・取締役クラスの上層部が、深い理解と高い認識を共有することが、企業のCSRとして位置付けられています。

メンタルヘルスの基本は、セルフケアです。心の不調とならないための知識が重要です。

社員全員に正しい理解と知識を根付かせながら、同時に、立場が変わるごとに次のステップが必要になります。会社で「人」が働く限り、メンタルヘルスの教育には、終わりがありません。