1. Home
  2. CSR
  3. 品質
  4. 労働安全衛生
  5. 産業医の活用

産業医の活用

積極的な社員への健康管理対策

社員の安全と健康の確保は、企業において優先されるべき事項の一つであり、リスクを低減させることは重要です。

近年増加傾向にあるメンタルヘルスの問題に対しては、ラインケアとセルフケアの観点から全社員にメンタルヘルス教育を実施しており、必要に応じて産業医による面談を行っています。

産業医と直接面談が困難な支店・営業所の社員に対しては、メールによる健康相談を産業医が受付けており、早い段階で予防策を講じるようにしています。

健康管理の普及啓蒙活動として、季節ごとの健康対策(熱中症対策等)、健康診断結果の見方など、積極的に産業医から情報を発信してもらい社員の健康づくりに努めています。