1. Home
  2. 生産拠点
  3. 群馬工場

群馬工場

幅広い製品を一貫生産するヨシモトポールのメイン工場。ISO9001とISO14001の認証を取得し品質管理と環境への配慮を徹底しています。

ph_001a.jpg

群馬工場は、ヨシモトポールのメイン工場として、ポールの設計から、資材調達、鋼材加工、表面処理、納品まで一貫したシステムを展開しています。
ISO9001及びISO14001の品質・環境両マネジメントシステムを取得し、最新の設備、優れた人材を擁し、顧客満足を第一として、ものづくりに取り組んでいます。そして、長年培ってきた経験を活かし、多品種少量生産プログラムで一品一様の個別対応を得意としています。

鋼管・鋼材の切断にはプラズマ切断ロボット、レーザー加工機を配備。溶接には溶接ロボットを導入し、それぞれが威力を発揮しています。
また、プレス加工機による鋼管の拡管・縮管加工、鋼材のテーパー造管加工、専用機によるテーパー曲げ加工等も行っています。
表面処理は化成処理設備を中心に9mのプラスチックコーティングライン、12mの塗装一貫ラインを持ち、あらゆる要求に対応。
品質保証においてはポールの強度確認を主とした国内初の25m建柱型試験装置、表面処理を主とした信頼性試験機器・測定器を取り揃え、万全を期しています。また、平成18年度から工場敷地内に屋内・屋外展示場を拡張し、お客様に当社の製品及び技術を紹介できるようにしております。

群馬工場概要

敷地面積 98,800m2
工場建屋 30,350m2
許可認定 ISO9001:2008(審査登録証 JP09/061663)
ISO14001:2004(審査登録証 JP05/070015)
生産能力 鋼管加工能力 15,000t/年
粉体塗装能力(ポール) 24,000本/年
粉体塗装能力(アーム) 36,000本/年
粉体塗装能力(アンカー) 500,000個/年
溶剤塗装能力(ポール) 65,000本/年


屋内・屋外展示場のご紹介

okunaitenji.jpg
屋内展示場

okugaitenji.JPG
屋外展示場

屋内・屋外展示場では、ヨシモトポールが社会に提供するさまざまな技術や納入製品、最新プロジェクトを紹介しています。

屋内展示場では、ものづくりのベースとなる技術を展示しています。
開口部やベース構造、ジョイント構造などの「造管・加工」、様々な素材と組合わせを紹介する「素材」、ステンコートやEVAコーティングなどポールを美しく長く保つ「表面処理」、以上3つのカテゴリーに分類し、豊富なサンプルと共に展示しています。また、最新技術・プロジェクトも展示しています。

屋外展示場では、道路照明や信号柱・標識柱など、実際に納入されている幅広い分野の製品を実物展示しています。
屋内展示場で紹介している様々な技術が実際の製品にどのように活用されているかを間近でご覧いただけます。
ポールに向けているモノづくりの姿勢と成果を、展示場で是非ご覧ください。

品質方針

当社の創業精神である「創り拓く技術のヨシモトポール」に基づき、長年の豊富なものづくりの経験と技術を継承し、進化させ、すべてのお客様に「高い信頼と満足」を提供いたします。
品質方針については、以下のページをご覧ください。
「ヨシモトポール 品質方針」


環境方針

ヨシモトポール株式会社 群馬工場は、「美しいくにづくりに良い品を」を経営理念として、環境対応型企業として活動しています。
環境問題を正しくとらえ、企業としての社会的責任を深く認識し、環境保全・汚染の予防に対する積極的な取り組みを通して、製品のライフサイクル全般にわたる環境負荷低減をはかり、地域社会の快適で安全な生活に寄与します。

  1. 環境関連法規、規則、条例および、当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  2. 環境影響を正しく認識し、環境汚染の予防を推進します。
  3. 環境マネジメントシステムの効果的な運用を図り、環境パフォーマンスの継続的な改善活動に努めます。
  4. 製品のライフサイクル全般にわたる環境側面を考慮した調達・設計を行います。

本「環境方針」は、文書化した情報として維持し、組織内に伝達するとともに、利害関係者の要求に応じて公表します。

2018年4月1日
群馬工場長 上椙 隆