1. Home
  2. CSR
  3. 地域に根差した社会貢献活動
  4. 平成25年:チャレンジウィーク

平成25年:チャレンジウィーク

平成25年 9月2日~9月6日

群馬工場では、毎年恒例のチャレンジウィーク(中学2年生 職場体験学習)を開催しております。平成25年度は、藤岡市内の中学校2校、計6名の生徒が職場体験を行いました。
藤岡市教育委員会ではチャレンジウィークを、働くことの意義や世の中の仕組みを知る貴重な機会として、「生き方」を考えるヒントを掴むための意義のある体験と定義しています。また、チャレンジウィークは藤岡市をあげての取り組みとなっており、学校・市役所・商工会議所などと連携しています。

群馬工場では、平成13年のチャレンジウィーク開始以来、毎年受け入れをしています。受け入れた生徒には、新入社員と同じように接し、挨拶、立ち居振る舞い、マナー、規則、安全の学習していただきます。職場体験を通じて、仕事の厳しさや辛さを乗り越え、達成感等を感じてもらえるように努めています。
生徒達も、初日は皆緊張した面持ちでしたが、日を重ねるごとに明るく、自信みなぎる表情に変わってきました。(写真参照)
これからも、チャレンジウィークの活動に積極的に取り組み、未来を担う若者のために、地域社会への貢献を推進していきます。

CSR131025challenge01.JPG
職場体験の様子(溶接作業)

CSR131025challenge02.JPG
職場体験の様子(塗装作業)

CSR131025challenge03.JPG
職場体験の様子(CAD使用の設計作業)

CSR131025challenge04.JPG
6名で頑張りました!