1. Home
  2. CSR
  3. 地域に根差した社会貢献活動
  4. 平成24年:中学校マナー講習会

平成24年:中学校マナー講習会

藤岡市内で恒例行事となっている中学校全5校のマナー講習会が、今年も無事終了しました。各中学校では基本となる立ち居振る舞いを学ぶだけではなく、独自に趣向を凝らした講演会を行っています。今回の講演会の修了課題は様々な状況を想定した『立ち居振る舞い』です。

 

基本の立ち居振る舞いとは

全体会で正しい立座の姿勢・おじぎ4種類・物の受け渡し等を学びます。そして実際に使い分けが出来ているかどうか、舞台上で一人一人が体験します。 生徒にとって、舞台に一人で立ち、自身で考え、振る舞うことが最大のチャレンジとなります。講師陣も毎年、新たな気持ちで取組んでいます。

CSR120927manner01.JPG
講演会の様子

CSR120927manner02.JPG
講師による模範演技

活動内容

6月20日 小野中学校
【設 定】:職員室の先生との日誌の受渡し
【ポイント】:職員室での立ち振る舞い・言葉掛け・物の受け渡し

7月 4日 鬼石中学校
【設 定】:職員室の先生との会話、伝言のお願い、先生への報告
【ポイント】:職員室での立ち振る舞い・アクシデントの対応・伝言の仕方

7月10日 東中学校
【設 定】:チャレンジウィークに向けた決意表明
【ポイント】:人前での立ち居振る舞い・声を出す・意思を伝える

7月12日 西中学校
【設 定】:遅くれてしまった課題の提出に対するお詫びと今後の対応
【ポイント】:職員室での振る舞い・お詫び(謝罪礼)+αの言葉

8月30日 北中学校
【設 定】:チャレンジウィークの会社での立ち振る舞いと、上司からの指示への対応
【ポイント】:会社の事務所での振る舞い・指示の受け方+αの対応の仕方

CSR120927manner03.JPG
全大会の様子

CSR120927manner04.JPG
電話応対模範演技

生徒の感想

  • 電話対応などでは一人一人にアドバイスを言って下さり、ありがとうございました。言われたことに気をつけようと思いました。本当に忙しい中、来てくださってありがとうございました。
  • 何度も何度もお辞儀をするのは大変だったけれども、そのおかげでチャレンジウィークでお世話になる場所でもしっかりあいさつが出来る自信がつきました。これからはしっかりと“マナー”というものを考え、今後の日常生活などで役立てたいと思いました。
  • 私はマナーを知らない時より、マナーを知った後の方が自分が成長している気がして嬉しかったです。私も講師の皆さまに教えたもらったことを忘れずに日常でも生かしていきたいと思います。ありがとうございました。
  • マナーアップ講習会では、言葉だけではなく、講師の方が動きも加えて表現してくれたので、とても分かりやすく、礼のやり方、座り方、立ち方などが自分の中でしっかりできたと思いました。その中でも、マナーアップ講習で学んだことをしっかりとチャレンジウィークや社会人になったときに活かしていきたいです。

(生徒の感想文の原文を一部抜粋しました。)

CSR120927manner05.JPG
緊張の立ち居振る舞い

CSR120927manner06.JPG
一人一人に丁寧なアドバイス

初任者研修会 マナー講習会

同時に、群馬県教育委員会事務局西部教育事務所にて「初任者研修会 マナー講習会」も行いました。新任の先生方に、立ち振る舞いと電話応対の講習を行っています。中学校の講演会では、ここで学んで下さった先生方が協力して下さいます。先生方の成長が嬉しく、頼もしい限りです。

CSR120927manner07.JPG
先生の講習会風景

CSR120927manner08.JPG
電話応対講習風景